月刊「運輸と経済」オンラインサービス

■お知らせ
 システム更新のため、現在一部バックナンバーの掲載を一時的に中止しています。
 お問い合わせはこちらまで。
■『運輸と経済』2018年4月号特別価格のご案内
 詳しくはこちらをご覧ください。
最新号のご案内
  1. 交通の不思議と読み解き方─航空編─
  2. 航空輸送の大衆化で進む不思議と誤解 -- 飛行場・空港の定義や種別について教えてください。 -- 空港は公共性が高いのに,駐車場やお土産品売り場もあります。また空港の中に鉄道の駅もあります。空港の範囲というのはどこからどこまででどのように区別されているのでしょうか? -- 航空機が空港を1 回使うとどのくらい使用料がかかるのですか? 「着陸料の高さから日本の空港は世界と比較して使用料が高い」ということがよく言われますが本当でしょうか? -- 空港の民営化が進んでいると聞きますが,具体的に何がどのように変わるのでしょうか?民営化された空港では保安や保守なども含めた全ての役割を民間が担うことになるのですか? -- 航空機の離着陸の安全確保は航空会社と国土交通省の人たちだけで行われているのでしょうか? -- テロを防止するためにどのような対策が講じられているのでしょうか? また緊急事態のためにどのような体制ができているのでしょうか? -- 航空に関係する環境負荷として,騒音問題が指摘されています。航空機の騒音対策はどのように行われてきたのですか? -- 航空会社が飛行機を飛ばさなくなった空港はありますか? その空港はどうなってしまったのですか? -- 航空機の飛行ルートは誰がどのように決めているのですか? -- 管制官は空の安全をどのように守っているのですか? -- 航空機を操縦する免許はどうなっているのですか? 一旦免許をとるとどんな航空機も操縦できるのですか? -- 羽田空港は発着枠がいっぱいだと聞きますが,発着枠はどのようにして航空会社に配分されているのでしょうか? -- LCC が羽田空港でもっと増えたら便利になるのに,今はそれほど多くありません。なぜ羽田空港にLCC は少ないのでしょうか? -- 多くの外国の航空会社が日本に入ってきて大変便利になっているのに,外国の航空会社は日本国内に限った輸送をしてくれません。なぜでしょうか? -- コードシェア便に乗ると,思ってもみない航空会社の便で驚くことがあります。なぜ,コードシェアをするのでしょうか? -- どうして航空運賃は早く買うと安くなるのですか? -- 成田空港 空と大地の歴史館 -- 第11回「運輸と経済」フォーラム 大都市を支える公共交通 -- 第4鉄道パッケージとEU 諸国の国内旅客鉄道運営の変革 -- フランスの新たな鉄道改革に向けた動き
バックナンバー
  1. 2018年3月号 挑戦する福島
  2. 2018年2月号 首都圏空港のこれまでとこれから
  3. 2018年1月号 心とからだと交通
  4. 2017年12月号 地域公共交通の未来
  5. 2017年11月号 強い物流
  6. 2017年10月号 ニッポンの地下鉄誕生90 周年

© Institute of Transportation Economics All Rights Reserved.