< 年別リストへ戻る
2020年10月号 交通愛好者が育む市場
在庫: あり
特集
巻頭言
市民権を得た乗り物愛好者たち
竹内 健蔵 (東京女子大学現代教養学部国際社会学科経済学専攻教授)
インタビュー
のりもの出版物の世界
山口 昌彦 (株式会社交通新聞社第2出版事業部編集2課課長代理・
ジパング倶楽部副編集長)
竹内 恭子 (株式会社交通新聞社第1出版事業部こどものほん編集部編集長)
太田 浩道 (株式会社交通新聞社第1出版事業部編集3課課長)
鉄道博物館の役割と使命、そしてこれから-展示企画とお客さま-
奥原 哲志 (公益財団法人東日本鉄道文化財団鉄道博物館学芸部課長主幹学芸員)
航空機の魅力とファン
チャーリィー古庄 (航空写真家)
論稿
バス愛好者の特性
鈴木 文彦 (交通ジャーナリスト)
インタビュー
のりものグッズの企画から販売まで
内田 浩司 (株式会社トミーテック企画部企画2課 課長)
内田 公暉 (株式会社トミーテック営業部営業課)
論稿
オタク市場における「鉄道」の存在感
松島 勝人 (株式会社矢野経済研究所Xビジネス主席研究員)
運輸・交通を巡るオタク─プロファイリングと戦略的示唆─
小野 晃典 (慶応義塾大学商学部教授)
鉄道オタクの心理学
岡田  努 (金沢大学人間社会研究域・教授)
コラム
子どもが乗り物に目覚める時-心理学からの一考察-
相良 順子 (聖徳大学児童学部教授)
論稿
航空関連会社の愛好家からの始まり 地域密着した鉄道保存活動について
大畑線キハ85動態保存会
コラム
小人閑居して、毎日が鉄道趣味
田中 比呂之 (新潮社元編集者)
論稿
Tetsudo Mania ~海外の視点から~
ペーター・ディベン (日本鉄道友の会)
バックナンバーから
鉄道愛好者の立場から国鉄に望む(1980年5月)
竹島 紀元 (鉄道ジャーナル編集長(当時))
連載
交通のいま
日本一のエンタメ鉄道を目指して~なんでもやる銚子電鉄の真意~
竹本 勝紀 (銚子電気鉄道株式会社代表取締役)
交通の歴史
西海橋―戦後の西彼杵半島発展の礎となった長大橋―
原口 聡 (西海市教育委員会社会教育課 文化スポーツ班係長)
観光と交通
観光資源としてのモノレールと地域社会―ヴッパータール空中鉄道を事例に―
藤井 秀登 (明治大学商学部教授)
交通のなぜ/なに
軽自動車検査協会の業務を知っていますか?
軽自動車検査協会
海をこえる
羽田から世界へ、日本空港ビルデングの海外展開
武井 涼 (日本空港ビルデング株式会社空港事業部空港事業課長)
交通時評
来たれ、「とんがった」議論
市川 嘉一 (都市・交通ジャーナリスト)
交通経済研究所
交通トピックス
コロナ禍における関東大手私鉄
村井 健太郎 (交通経済研究所主任研究員)
レポート
航空ファンによるクラウドファンデングを通じた博物館への支援
小役丸 幸子 (交通経済研究所主幹研究員)
資料室便り
資料室便り
資料室
日本交通学会
活動報告
旅客の発地国の違いが非航空系収入に与える影響:イギリスの空港を事例とした実証分析
横見 宗樹 (近畿大学経営学部教授)
Phill Wheat (リーズ大学交通研究所准教授)
健康の視点からみた鉄道事業者ウォーキングイベントの比較分析
秋山孝正 (関西大学環境都市工学部教授)
井ノ口 弘昭 (関西大学環境都市工学部准教授)